マガジンのカバー画像

アップデート

26
REASEが展開するサービスのアップデートに関する情報を掲載しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:案件のフェーズ管理機能を強化

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:案件のフェーズ管理機能を強化

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で案件のフェーズ管理機能を強化しました。

◆アップデート内容案件のステータスを正しく管理するために、smetaクラウドで案件フェーズをさらに細かく管理することができるようになりました。

申込受付、審査、承認、NG、キャンセル、契約手続、契約、退去解約の8つのフェーズに分類することで、案件管理がしやすくなります。

◆「smetaクラウド」と

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:滞納状況把握機能を強化

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:滞納状況把握機能を強化

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で滞納金額、滞納回数がわかるようになりました。

◆アップデート内容過去滞納回数や合計滞納金額、回収済の金額を把握したい場合に、契約者ごとのデータを把握することができるようになりました。

本機能の追加により、督促担当者様の回収金額の把握などが容易になりました。
smetaクラウドのレポート、ダッシュボード機能を活用して現在の状況を可視化するこ

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:電子申込ツールとの接続を開始

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:電子申込ツールとの接続を開始

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で電子申込ツールとの接続を開始しました。

◆アップデート内容今年5月の宅建業法の改正もあり、入居希望者からの申込を書面でなく電子申込で対応するケースが増えております。

smetaクラウド/smeta入居審査AIでも電子申込ツール「申込受付くん」とのAPI連携を開始いたしました。

これにより申込受付くんに登録される審査案件を、ほぼリアルタイ

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:代位弁済申請への対応を開始

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:代位弁済申請への対応を開始

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で代位弁済申請への対応を開始しました。

◆アップデート内容本機能の追加により、退去解約費用や弁護士費用など、請求明細が無い状態で代位弁済申請を受けた場合の対応ができるようになりました。

代位弁済申請の処理を行うと請求明細や支払詳細が自動で作成されます。

◆「smetaクラウド」とは◆「smeta入居審査AI」とは資料請求・お問い合わせはこ

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:引落/送金口座の変更機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:引落/送金口座の変更機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で引落/送金口座の変更機能を追加しました。

◆アップデート内容契約期間中に引落口座、送金口座の変更が発生することがあります。

本機能の追加により口座情報の変更を容易に行うことができるようになり、口座管理を行いやすくなります。

◆「smetaクラウド」とは◆「smeta入居審査AI」とは資料請求・お問い合わせはこちらから。担当よりご連絡いた

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:解約後 請求/支払レコード削除機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:解約後 請求/支払レコード削除機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で解約後の請求/支払レコードの削除機能を追加しました。

◆アップデート内容契約者が解約になったタイミングで請求や支払を停止しなければなりませんが、手動で行う場合にはモレが生じてしまう危険性があります。

本機能の追加により、契約が解約になった場合に自動的に請求/支払データが削除されるため、解約後に不要な請求や支払いを行ってしまうなどのミスを防

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:請求/支払管理機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:請求/支払管理機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で請求/支払管理機能を追加しました。

◆アップデート内容債権種別ごとに分かれている請求明細や支払詳細を、同じ引落(送金)日や口座ごとにデータをまとめることができるようになりました。

これにより帳票出力や決済代行サービスへのデータ受け渡しが容易になります。

◆「smetaクラウド」とは◆「smeta入居審査AI」とは資料請求・お問い合わせは

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:各種申請機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:各種申請機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で各種申請機能(家賃変更/変動費)を追加しました。

◆アップデート内容契約期間中にも代理店や賃貸人より様々な申請が発生します。

本機能の追加により、家賃の変更申請や、水道光熱費などの変動費申請への対応ができるようになりました。申請処理を行うと社内の承認者に通知が届くため、プロセスを踏んだ承認を行うことができます。
また、変更内容は請求明細に

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:各種明細の自動作成機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:各種明細の自動作成機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で各種明細(事務手数料支払い明細 / 請求明細)の自動作成機能が追加されました。

◆アップデート内容案件が契約に至った場合、事務手数料の支払い明細や初回保証料、契約期間分の賃料等請求明細が自動的に作成されるようになりました。契約更新のタイミングで、次回更新までの明細が自動的に作成されます。

これにより手数料や請求管理を簡単に行うことができま

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:決済代行IDの付与機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:決済代行IDの付与機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で決済代行IDの付与機能が追加されました。

◆アップデート内容決済代行業者へ依頼して口座振替を行う際に、基幹データなどから口座振替用のデータを抽出、受け渡しが必要になりますが、契約開始後に決済代行業者にて発番されるIDを管理する必要があります。

本機能の追加により、各案件に決済代行業者のIDを一括で登録することができます。

◆「smeta

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:審査承認の有効期間設定機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:審査承認の有効期間設定機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で審査承認の有効期間設定が可能になりました。

◆アップデート内容審査業務を行う中で、審査は承認したものの何らかの事情で契約まで至らないケースがあります。
審査承認済みの案件が承認フェーズのまま残っていると、有効期間を過ぎているにも関わらず誤って契約されてしまう危険性があります。

本機能の追加により、各保証会社で任意の期間を指定いただき、指定

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:口座振替依頼書の送付管理機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド」:口座振替依頼書の送付管理機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」で口座振替依頼書の送付管理機能が追加されました。

◆アップデート内容決済代行業者へ依頼して口座振替を行う場合、口座振替依頼書の送付が必要になります。

本機能の追加により、送付が必要な口座振替依頼書の一覧をデータで出力することができ、チェックがしやすくなります。

◆「smetaクラウド」とは◆「smeta入居審査AI」とは資料請求・お問い合

もっとみる
家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド/smeta入居審査AI」:審査画面(UI)をリニューアル

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド/smeta入居審査AI」:審査画面(UI)をリニューアル

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」および入居審査支援ツール「smeta入居審査AI」で審査画面(UI)を刷新しました。

◆アップデート内容直感的に審査結果が理解しやすいデザインや、AIスコアリング結果についての説明文も追加されました。

◆「smetaクラウド」とは◆「smeta入居審査AI」とは資料請求・お問い合わせはこちらから。担当よりご連絡いたします。

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド/smeta入居審査AI」: 請求データのCSV作成機能を追加

家賃保証業務支援SaaS 「smetaクラウド/smeta入居審査AI」: 請求データのCSV作成機能を追加

家賃保証会社向け業務支援SaaS「smetaクラウド」での請求データのCSV作成機能を追加しました。
これにより外部収納代行システムとの連携も容易になります。

◆請求データのCSV作成機能収納代行システムと連携させるためにデータの集計が必要になるケースがあります。

本機能を活用することで契約中案件の請求データを毎月自動で作成することができ、外部の収納代行システムを活用していても、連携がしやすく

もっとみる