リース、フリーランス特化型の家賃保証サービス「smeta保証」を開始
見出し画像

リース、フリーランス特化型の家賃保証サービス「smeta保証」を開始

REASE Inc.

「個人の信用価値を最大化する」をミッションに掲げるリース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道康徳、以下「リース」)は、2019年10月1日より、賃貸向け与信サービス「smeta」(※1) のメインターゲット層であるフリーランス(※2) に特化した家賃債務保証事業「smeta保証」*3の提供を開始いたしました。

smeta保証

現在、フリーランスや高齢者の増加、ベンチャー企業の隆盛、働き方の多様化等を背景に、国内労働人口の13%に当たる約1,742万人が、賃貸住宅の入居に必要な信用評価を得にくい状況にあり、連帯保証人を兼ねる家賃債務保証サービスを受けられずにおりました。
また、2020年4月施行予定の民法改正により、家賃債務保証会社の利用増加が見込まれる中、従来の正規雇用者を主な対象とした勤務先や勤続年数に基づく入居審査では、社会の変化に対応できず、新たな入居審査方法が求められております。

リースは、2019年4月より提供を開始した賃貸向け与信サービス「smeta」を通じて、転居希望者へ事前に借りられる賃料の証明を付与し、正規雇用者同様の賃貸住宅選択を可能としました。
この度開始する「smeta保証」では、これまでに培ったノウハウを基にした独自入居審査を用いて、転居前の評価付与である事前与信発行から、不動産仲介、賃貸住宅への入居審査、家賃債務保証サービスまでをワンストップで提供します。これにより、フリーランスの課題を解消することが可能です。

リースは今後も、ミッションの達成に向けて、フリーランスの信用インフラ構築と信用力の向上に貢献してまいります。

※1 smeta:スメタ 
※2 フリーランス:特定の企業や団体等に専従せず、自らの技能を提供する個人事業主または個人企業法人
※3 smeta保証:スメタ保証



■ リース株式会社 会社概要
リースは、不動産×金融を切り口に、信用経済社会(評価経済社会)における与信プラットフォームを目指すCredit Techのスタートアップとして、家賃保証付きお部屋探しアプリ「smeta/スメタ」および家賃保証業界向けSaaSを開発・運営しています。

設立: 2018年9月13日
代表者: 代表取締役 中道 康徳
所在地: 東京都新宿区西新宿7丁目9-16 西新宿メトロビル 6F
URL: https://rease.co.jp/


【本件に関するご質問、取材申込み等のお問い合わせ先】
経営戦略ユニット 尹 英俊
Tel: 03-5937-1450 Mail: info@rease.co.jp

※本件の内容は2019年10月1日時点のものであり、弊社の家賃債務保証事業につきましては、既にナップ賃貸保証株式会社に2021年7月20日を持ちまして事業譲渡しております。事業譲渡に伴い、お手数をおかけすることもあるかと存じますが、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
REASE Inc.
リース株式会社の公式noteです。 Press Release や News Release を始め、コーポレートやサービスに関する思想・哲学・想い、メンバーについて等、幅広い情報を発信しています。https://rease.co.jp